ホームページとレンタルサーバー

無料ホームページ作成ツールの恩恵

普段の日記などであればブログやSNSで充分ですが、自分で情報を発信したい、自分の作品をまとめたいという時に、ホームページが持てたらいいなと思うことってありますよね。

一昔前は、HTMLなどのウェブ言語がわからないとホームページを立ち上げることができませんでした。ウェブの知識に乏しい人や、初心者にはハードルが高かったのです。

かく言う私も本を買ってみたり、ホームページを作るソフトを買ってみたりといろいろと試行錯誤しましたが、結局はできませんでした。
しかし、それから数年たった頃、私と同じようにウェブ知識に疎い友人が自分のホームページを持っていることに気づき、驚いてどうやって作ったのか聞いてみました。

決まったフォーマットが最初からいくつか用意されていて、それに従って作っていけば、Wordができるくらいの知識の人でもホームページを作れる無料のサイトがあるとのこと。友人のホームページはとてもおしゃれで読みやすいものでしたし、簡単な知識でできるのであればと私も教えられたサイトに登録してみました。

もう、数年前のあの苦労がなんだったのかというほどサクサクとホームページを作ることができました。もちろん、凝った作りのものはある程度の知識が必要です。それでも、作り上げたホームページを見ながら、ウェブに不慣れな自分でもサイトを持てる時代が来たのだなあと感慨深く思いました。

レンタルサーバーの選び方

インターネットでホームページを持ちたいとか考えているのならば、その時はレンタルサーバーを借りなくてはなりませんね。まずレンタルサーバーは、無料か有料で分かれます。無料で借りられるなら、わざわざ有料じゃなくて、そっちでいいじゃないかと、思う人が多いかもしれません。

特にインターネットに関してあまり慣れていなかったり、知識がないと、せっかちに無料のレンタルサーバーに飛びつきがちです。しかし無料のレンタルサーバーだと、多くはサイトに広告が表示されます。そして使用に関して制約が多いです。

無料のレンタルサーバーは、例をあげると無料のブログサービスと似たようなものです。無料ブログでは、ホームページを作ることはできません。

しかし、レンタルサーバーを使う多くの人はブログを運営することが、最近は多いです。ワードプレスと呼ばれる高機能を備えているブログが多いです。ワードプレスはもともとは有料のレンタルサーバーで使われてきたものですが、現在では無料のレンタルサーバーでもワードプレスが使えることができます。

無料のレンタルサーバーでワードプレスが使えると言っても、無料のブログサービスのように広告表示などの制約があります。特にワードプレスの運営を考えているのならば、無料より有料のレンタルサーバーがいいでしょう。有料のレンタルサーバーもいろいろありますが、同じ有料でも料金により、また機能に制約があります。

また、有料レンタルサーバーを使うにはドメインの設定というものが必要になります。無料よりも機能に制限がなくなりますが、有料レンタルサーバーの利用には多少の手間がかかります。レンタルサーバーの評判を比較するサイトなどを参考にご自身に合ったレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。