出会い系の被害例まとめ

いくつかの出会い系サイトの利用者の方々からは、サイトが原因の被害報告がなされており、その中で持とくに多く報告されているのは率直に「出会えない」ということです。持ちろん、利用者本人に責任があって出会えないというケースは該当しません。

出会い系サイトからの被害としてあつかうべき事態とは、サイトそのものがそもそも出会いの仲介などしておらず、かつそれを隠しながらただ利用者から課金を巻き上げるだけのケースです。具体的には、その女性登録者はすべて実在しないサクラであるサイトや、最近では、プログラムが自動的に返答してやりとりしているというケースもあるということだそうです。

一般的に出会い系サイトでお互いに何度かメールのやりとりをしていると当然のように顔写真を交換する流れになります。まだ結婚を考える段階ではなくてデートやともに遊ぶ事だけを考えた場合、容姿を優先してしまう事は仕方のない事かも知れません。過剰に修正された顔写真を送付してみて持とりあえずは分からないと思いますが、現実に会うヤクソクをしたい時に一番困るのは自分自身でしょう。



将来的に現実に会ってみたいほどの相手ならばありのままの姿を最初から見せるべきです。そして心のどこかに相手が本人の物ではない顔写真を送ってきている危険性も忘れないでおきましょう。


ここ数年の婚活には多彩な方法が生まれています。
たとえば、誰もが思いつくであろうものは、いわゆる「出会い系サイト」があげられます。「出会い系サイト」という名前にはどうしてもあそびをもとめて登録する人がほとんどだと連想する人が多いでしょう。実際には、実際には、真剣交際が目的の利用者がかなりの数いますので、そうした人をプロフィールから探し、連絡してみましょう。その方があなたの運命の相手かも知れません。

これから出会い系サイトの利用を考えている人に、知っておいて欲しいことがあるでしょう。
それは、出会い系サイトで犯罪やトラブルい巻き込まれることがあることです。

そのトラブルの大半は未成年が関係するはずです。


一方、大人の男性トラブルに巻き込まれるのはサイトの中で女子高生と仲良くなり、セックスしたことにより、トラブルとなるというケースが大半を占めています。
そして女性は、性犯罪の被害者となりやすく、サイトで知り合った男性と会ってうっかり車に乗ってしまいそのまま危ない場所へ連れていかれてしまうという話がよく発生しているようです。
今ではオタク趣味の人の方が女性からも人気があるそうです。


全体に占めるオタク比率もあがっており、女性自体もオタク率が高くなっていますので、同じ趣味でも会話が盛り上がってそのまま交際スタートし立というオタクカップルの話も聴くようになってきています。オタクであることを誤魔化してまで彼女を作っ立た所で結局は無理をしているだけなので、最初から趣味についてもオープンにしておき最初からオタクであることを伝えておけば、交際がスタートしても趣味を我慢する必要なく交際が続けられます。
すぐエッチしたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です