クラウドソーシング

最近、働き方がとても多様になっているなあと感じています。私は大学院を終えて就職せずに、専門家として生きる道を選びました。

そうしたからこそ感じるのかもしれませんが、今の時代、学業を終えたら就職するという選択肢しかないのは、経済的にも精神的にも強く自分を縛っていることと同じではないかと思う時があります。

今は、楽しめることが多すぎる時代だと思います。楽しめることが多すぎて、全部楽しもうと思ったら膨大なコストがかかります。逆にどれを楽しんだらいいのか選択できず、結果的にこれまでの生活スタイルを踏襲していこうとしてしまうこともありえるでしょう。というか、ほとんどの人がそのように考えていると思います。

ですから、今の時代は生きていくのが非常に難しいと思います。ですが、その中でも、少しずつ新しい考えや技術が入ってきて、仕事のスタイルも変わってきている。仕事と遊びの境目がだんだんとなくなってきている、そのように感じます。

クラウドソーシングだってそう。業務を受ける側からすると、日常生活の中でちょっとした頼まれごとを引き受ける感覚に近い。これは一歩足を踏み出せば、自分のスキルを使っていろんな働き方ができる時代ともいえます。
考えを狭めずに、いろんなことを許容できる自分になることが、今の時代を楽しむのに必要なことなのではないかと思います。

ネットで観た映画

先日、ネットのストリーミングで映画「もういちど」を鑑賞しました。この映画は落語に関連付けてお話が進んでいきます。人生に絶望した男がひょんなことから一人の少年に落語を教えるというものです。わたしはこの作品が大好きで、すでに三回以上は観ているのですが、しっかり観れば観るほど魅力が次々に発見できる作品となっています。

子どもの頃なりたかった夢、叶えたい目標を、なにかにこじつけて諦めたりして人は大人になるようです。わたしもその大人の仲間入りをしてから、様々な葛藤がありました。本当は諦めたくないのに、もっともな理由をつけてだらしない自分を正当化したりしていたのです。ですがこの映画を観ると、やりたいことをやるためには一生懸命取り組まなくてはいけない、困難かもしれないけれど諦める必要は別にないのだという気持ちになります。
少年は噺家になるべく努力を重ねて、立派に結果を残します。結果が残せたのならきっと誰でも自信がつくはずなのです。結果が出るまでに諦めてしまうだけのように思います。

人生夢半ばにして幕を閉じる、そんなことは寂しいので、わたしは胸の奥にしまった大事な夢を壊さないように、映画のなかの人物たちのように日々努力を重ねていきたいと思います。

[閑話休題]オリンピックのはなし

リオデジャネイロオリンピックも終盤、開催前に騒がれていた安全面、経済面、ジカ熱の問題もさほど大きくならずに幸いです。開催直前まで、給料不払いのために警察官、消防関係者のストの映像がTVに出ていたので、オリンピックどころじゃないなと不安でした。

治安の悪さも想像以上で、日本に住んでいる私には、お金を払ってまで行きたいオリンピックではありませんし…でも、スムーズに運営されて良かったと思います。

オリンピックを見据えて頑張った若い人たちが、はじけんばかりの笑顔で喜びを表現したり、悔しさをにじませたりと、素敵な人間模様を見せていただきました。人種や宗教の違いで混沌とした現在の地球ですが、もし、世界が一つになれるとしたら、オリンピックかなと考えます。政治上の駆け引きや裏切りのない唯一無二のお祭りで、世界中に配信してもらいたいです。

4年後、東京でオリンピックが開催されますが、平和の祭典により近くなることを
切望します。喜び、はじける笑顔の対局にいる多くの人の存在を忘れることなく、争いがなくなるシンボルとして、オリンピックが存在すると良いですね。事前の不評をくつがえしたリオオリンピック、頑張りました。

クラウドでお仕事

最近、在宅ワークがもてはやされ、在宅ワークサイトに登録する方が増えているようです。所謂クラウドワークスというやつです。

そこで気になるのが、サイトにおける仕事選び。仕事のなかには、やたらと高額なものが多数あります。

高額な理由として、それなりに高い技術やスキルを要するもがあります。高い技術やスキルを要するのであれば納得できるのですが、仕事内容が不明瞭なものも多数あります。

自分を含め初心者の方にとっては最大の落とし穴ですね。「簡単そうで高額だから」と応募し連絡をとってみたら、詐欺まがいの仕事だったりします。特にメールアドレスや電話番号を教えていた場合、危険でしょうね。かなりしつこく相手側から連絡が来るでしょう。相手側から金銭を要求されたり、中には裁判を起こされたりということもあるようです。そうなった場合、あなたは戦えますか?

そうなる前の自己防衛としては、高額な割に仕事内容が簡単だったり不明瞭だったりという仕事には応募しないことです。その辺の判断というのは難しいですけれどね。

在宅ワーカーとしてやるためには、冷静な判断能力が必要であり、また向上心や探求心が必要な気がします。結構難しいですけどね。

音楽もネットでダウンロードするのが当たり前

日常や私自身をいつも潤したり遊ばせたりするうえで欠かせない、自分の一部のような音楽との蜜月生活を送って久しいですが、本当に音楽のエネルギーというものはものすごいなあと思います!何というか、信じられない力が働くのが分かります。ネットで音楽が身近になったのでその傾向は加速しています。

とくにかつて学生時代にヒットした恋愛の曲は、一瞬にして新鮮なトキメキで満たし、その世界へいやおうなしに引っ張られていくパワーにあふれています。今何かと話題のパワースポットだとかそういう言葉がありますが、そんなパワフルで自分が「おお~!」と思う曲に聞き入って歌詞と同じ体験を疑似的に味わっているとき、まさに自分自身が一種のパワースポットと言われるたぐいの場所にいるときと同じような力が働いているんだと実感します。

今朝からもごく当たり前のように音楽をかけているように、音楽は私にとってもはやパートナーのように親密になっては一体化する存在でもあり、ハートや私自身をしっかりと鷲づかみにして放さない曲は、これまでにどれほどあったか知れません。喜びにつけ、悲しみにつけ、音楽にはこれからもずっと親しんでいくでしょうが、恋の喜びや幸せに酔ったりハジケるような曲も、悲しみに寄り添ってくれるような曲も、自分にとって大切な曲としてそれぞれのエネルギーに関わり続け、ずっと触れていたいと思います。音楽万歳!

ネットでコーヒーを注文

ここ1年ぐらいコーヒーにはまっていてネットショップでよく注文しています。以前はカフェで飲むコーヒーが楽しみだったのですが,最近はコーヒーミルを買ってきて,豆を挽くところから楽しんでいます。朝起きるのが最近楽しくなっています。

コーヒーは奥が深いといわれていますが,入れ方の細かいスキルなどはまだまだです。しかし,お気に入りのコーヒー豆が買えるお店や,コーヒー周辺のカップやポットなど,深くはないけれど広い楽しみは見つけました。最近は暑いのでアイスコーヒーを自宅で作っています。アイスコーヒーは「ふつうにコーヒーを挽いて入れて,そこに25%増えるように氷を入れて冷蔵庫に入れておけばおいしいのができる」といつもお世話になっているコーヒー屋さんに言われました。その通り作ってみるとこれが本当においしい!おすすめの作り方です。

コーヒー豆ではホットならコナコーヒーはやっぱりおいしい。アイスコーヒーならペルーティアラがお気に入りです。ハワイに行く友人がいたら必ずコナコーヒーをお土産に頼んでいます。国内で買うと高いですからね…。というわけで,これから少し涼しくなるのでまたホットコーヒーで香りを楽しんでいこうと思います。

ゲームもネットでダウンロードする時代


最近おもしろいゲームがないものかと探している方も多いと思います。しかし、発売されているゲームでは少し物足りない。

そんな皆さんに紹介したいのがフリーのネットゲームです。フリーゲームとは個人が作成したゲーム全般の事で、数多くの作品が存在します。もちろん無料で出来るので、手軽に遊べるのも魅力の一つです。しかし、個人が作って無料で配布されているので、やはりショップなどで売っているゲームに比べて面白くないのではないかと思う方も多いと思います。

はっきりと言いますと、そんなことは全然ありません。どの作品も有料で販売してもおかしくないレベルの物が多く、中にはフリーゲームから商品化された有名作品も有るほどなのです。作品のジャンルも豊富で、定番のRPGやアクション。シミュレーションやノベルゲームまで幅広い名作が溢れていますので、きっと貴方の探しているジャンルも有るはずです。

基本的にはパソコンなのですが、今ではスマホなどでもフリーゲームを楽しむことが出来ます。腰を据えてガッツリゲームをするのであればパソコン、ちょっとした空き時間に楽しむならスマホ、貴方にあったスタイルを選べます。最近ゲームに飽きた方も、売っているゲームに好きなジャンルがない方も、一度フリーゲームを楽しんで見てはいかがでしょうか。