ネットで観た映画

先日、ネットのストリーミングで映画「もういちど」を鑑賞しました。この映画は落語に関連付けてお話が進んでいきます。人生に絶望した男がひょんなことから一人の少年に落語を教えるというものです。わたしはこの作品が大好きで、すでに三回以上は観ているのですが、しっかり観れば観るほど魅力が次々に発見できる作品となっています。

子どもの頃なりたかった夢、叶えたい目標を、なにかにこじつけて諦めたりして人は大人になるようです。わたしもその大人の仲間入りをしてから、様々な葛藤がありました。本当は諦めたくないのに、もっともな理由をつけてだらしない自分を正当化したりしていたのです。ですがこの映画を観ると、やりたいことをやるためには一生懸命取り組まなくてはいけない、困難かもしれないけれど諦める必要は別にないのだという気持ちになります。
少年は噺家になるべく努力を重ねて、立派に結果を残します。結果が残せたのならきっと誰でも自信がつくはずなのです。結果が出るまでに諦めてしまうだけのように思います。

人生夢半ばにして幕を閉じる、そんなことは寂しいので、わたしは胸の奥にしまった大事な夢を壊さないように、映画のなかの人物たちのように日々努力を重ねていきたいと思います。